出会い系サイトの料金体系(その1)

出会い系サイトにかぎらず、女性と出会うためには、なにかとお金がかかります。タダで出会えるとすれば職場や学校、バイト先、友人の紹介です。が、しかしそう簡単にはいかないものです。それに、身近で彼女を作ると制限事項が多く身動きがとれないものです。なにかと都合悪いですよね。
そうなると、出会い系サイト、お見合いパーティー、結婚相談所、などなど、これらに頼ることになります。しかし、いずれもお金がかかる...まぁしょうがないことですが...
と言うわけで、出会い系サイトはどのくらいお金がかかるのだろう?の疑問を解決するために、料金体系に関して説明したと思います。出会い系サイトの代表的な料金体系として以下の4つのタイプが存在します。
1.無料
2.ポイント制
3.メール送信時のみ料金発生
4.月額固定
それぞれについて説明しましょう。
●無料
説明するまでもありませんが全部タダです。無料サイトの場合、後に説明するポイント制サイトに比べるとサクラは少ないです。少ないというか、基本的にいません。しかし、アド収集屋などの業者は多いです。
また、無料サイトは広告収入で運営している場合がほとんですから、広告メールを受信する必要があります。気にしなければそれまでですが、少しやかましいと思うかもしれません。さらに、いかにもそのサイトに登録している女性からの申し込みメールのようなふりをして実は別のサイトへの誘導メールの場合も多いです。
無料サイトの場合、圧倒的に男性登録者が多く競争率はかなり高くなるか、その逆で、閑古鳥が鳴いているサイトかのどちらかです。システムの面でもかゆい所に手が届かない場合が多いです。
検索条件やユーザビリティの面でストレスを感じることがありますが、なんといっても無料ですから、しょうがないかなぁと思います。総合的に判断すると、優良無料サイトは数えるほどしかありません。本気で出会うのなら、月額固定など、ある程度の出費をした方が確実かなと思います。
●ポイント制
出会い系サイトの半分以上、いや7割以上がこの料金体系ではないでしょうか。ポイント制と言っても様々なパターンが存在します。ひとつの例を挙げるとこんな感じです。
・掲示板を書く=0p
・プロフィールを書く=0p
・掲示板を見る=5p
・プロフィールを見る=5p
・メールを見る=12p
・メールを送る=21p
・掲示板画像見る=15p
・プロフ画像を見る=15p
・メール画像を見る=20p
・アドレスを送信=450p
・アドレスを受信=450p
でもって、1pt=10円が相場になっています。
ポイント制サイトの特徴としてはサクラが多いことです。登録女性の95%以上がサクラだと言っても過言ではないかもしれません。少なくとも、キングが今まで利用したポイント制サイトは100%サクラしかいませんでした。
むかし、ダイヤルQ2のツーショットダイヤルが流行った時代、月のQ2利用料金がウン十万も請求され途方にくれる男性が多かったと思いますが、それと同じことが言えます。会えないサクラ相手にメール交換し気が付けばウン十万ってことになりかねません。
代表的なサイトはもちろんここでは挙げられませんが、くれぐれも気を付けましょう。(多すぎて代表的もなにもないってのと、掲載する勇気がありません...)
最後に付け加えておきますが、ポイント制サイトの全てにサクラがいるなんてことは言ってません。中にはサクラの少ないサイトもあると思います。(見たことありませんが...)
なので、ポイント制サイトの管理者様はこの記事を読んで「迷惑だ」なんてヤボなこと言わないでくださいね。

次のページへ

ここだけの優良出会い系サイト情報

サクラのいない優良出会い系サイト人気度リスト
月額固定料金制サイトまたは完全無料サイトを対象とし、管理人キングが実際に利用してサクラが存在しないことを確認したサイトのみをリストアップしました。

関連サイト

ウソだ!優良出会い系サイト評価評判無料情報を信じるな!
いいかげんな出会い系評価サイトの真実を暴露しています。ハッピーメールワクワクメールを優良サイトなどと紹介している評価サイトは信じちゃダメです。

優良出会い系サイト解説メニュー

ラブサーチ実績報告

ブライダルネット実績報告

3大掲示板

優良出会い系サイト攻略メニュー

出会い系技能認定試験メニュー