失敗から学ぶ攻略法(その1)

出会い系サイトを利用して必ずしも全てが成功するわけではありません。成功以前にメールの返信すらもらうのも厳しい現実であることは、他のページでも再三述べています。
このページでは、出会う一歩手前あるいはヤレる一歩手前まで行きながらちょっとしたミスによって失敗してしまう事例を紹介しようと思います。
もちろん、これから述べる全ての事例はキング自身が犯した失敗です。このような失敗を皆さんにもして欲しくないので是非参考にしてください。
失敗事例1:女性のハンドル名を間違えて失敗
出会い系サイトを利用していて調子のいいときは、同時に複数の女性とメール交換する場合が多々あります。このように調子のいいときにかぎって、気持ちにスキができるので慎重にメール交換する必要があります。
キングの失敗の中で一番多いのがメール交換中にメール本文に書く相手のハンドル名を間違えることです。間違えるとは、つまり、並行してメール交換している別の女性のハンドル名をうっかり書いてしまうのです。
だいたい女性のハンドル名は同じようなものが多いので、マイだとかマユだとか、リエだとかリカだとか...非常に間違いやすいのです。さらに、メール交換の内容のパターンは大体同じようなものが多いので、前に送ったメールをコピペして多少の修正後に送ることが多いです。この場合、うっかりハンドル名の部分を前の女性のハンドル名のまま送ってしまうのです。
女性はこの辺に非常に敏感な動物ですから、間違えたら最後、メール交換はその時点でしゅ~りょう~です。女性は男性に比べ、自分だけ愛されたいと言う心理が非常に強いので別の女性の存在をにおわせた途端にヒステリックになります。
これは、恋愛中でも同じことが言えますよね。このことを裏付けることとして、昔から女性は「お前だけだよ」って言葉に非常に弱いと言われています。例外もありますが、これは間違いのない事実だとキングは常々思っています。一度でも他の女性の存在に気付くと手が付けられないほど女性は荒れます。
キングも過去に二股や浮気がバレたことがあり、パンチ&キック&チョップの嵐にさらされたことが何度かあります。こうなると男性って非常に弱いですよね(キングだけかなぁ)。まだ、このような状況が部屋の中でならいいですが、街中など人目のある場所だと男性は何もできません。しかも、かっちょ悪いし...
てなわけで、メール交換の段階において、別の女性のハンドル名を間違えて書いた時点でその女性にしてみれば、自分だけじゃないんだってことになります。
これを防ぐ一番有効な対策としては、メール本文中には相手のハンドル名は書かないってことです。しかし、これが毎回通用するわけではありません。メールの話題によっては書かざるを得ないこともあります。なので、送信ボタンを押す前に必ず読み直すことは最低限必要ってことですね。出会い系サイトで成功したいのであれば、男性はマメでないといけません。

次のページへ

ここだけの優良出会い系サイト情報

サクラのいない優良出会い系サイト人気度リスト
月額固定料金制サイトまたは完全無料サイトを対象とし、管理人キングが実際に利用してサクラが存在しないことを確認したサイトのみをリストアップしました。

関連サイト

ウソだ!優良出会い系サイト評価評判無料情報を信じるな!
いいかげんな出会い系評価サイトの真実を暴露しています。ハッピーメールワクワクメールを優良サイトなどと紹介している評価サイトは信じちゃダメです。

優良出会い系サイト解説メニュー

ラブサーチ実績報告

ブライダルネット実績報告

3大掲示板

優良出会い系サイト攻略メニュー

出会い系技能認定試験メニュー